前へ
次へ

ハローワークの果たす役割はとても大きい

ずいぶん昔の話ですが、会社を突然辞めさせられたりすると、その人たちは、すぐに職業安定所というところにお出かけしました。
それには理由があります。
職業安定所にお出かけして、すぐに失業保険の給付をしなければならなかったからです。
会社を突然辞めさせられると、困るのが毎月の生活費ではないでしょうか。
就職する意思があっても、次の就職口が見つかるまでは、自分で何とかして、お金の工面をして生活しなければなりません。
それが簡単なように見えて、実は大変な難題なのです。
時は流れ、職業安定所はハローワークと名前を変えました。
ですがその正式名称は、今でも、公共職業安定所と呼ばれています。
その目的は、失職者たちに対する職業紹介と、失業保険の受給の手続きをしてくれることです。
失業保険を受給するためにはある条件があります。
自分がどのようにして次の仕事を見つけるのか、実際の求職活動の実績を窓口で報告しなければなりません。
簡単そうに見えますが、その作業はたいへん骨の折れる作業なのです。

アンケート入力

クレジットカード決済代行導入のテレコムクレジット

大阪にてパンフレットなどの制作を依頼するならWHARF
企業・サービスの持つ魅力的な部分を抽出したうえで、より良いメッセージへと変換いたします。

社内と社会両方に自社の魅力的な部分を伝えられるようにします
企業のサービスの本質や魅力を社会へ、社内には自社に対する自信を持てるような内容にいたします。

アパレルやペットショップで使われている商品案内方法

昔の公共職業安定所がハローワークですが画期的なシステムの変化があります。
それはパソコンを使って、自分が希望する就職先を自由に閲覧できるというシステムです。
また自分が応募したい求人情報があれば、窓口の職員に相談することで、それを実現することもできます。
さらに手に技術や職のない人達に対して、公的な職業訓練学校で職業訓練を受ける機会を与えてくれます。
手に技術や職のない人たちにとっては、まさに救世主的な役目をするのが、この公的職業訓練学校です。
ハローワークは正式名称を公共職業安定所と言います。
何らかの理由により、現在失業している人たちに対して、就職の斡旋をしたり紹介をしたりしてくれる、とても頼もしい政府の機関です。
その政府の機関が実施するサービスは、新しい仕事の斡旋や紹介だけではありません。
失業している期間に対する、失業保険の給付の準備をしてくれる、とても頼りになる政府機関です。
人間は、お金がないと、片時も生きていかれません。
そういう面では、ハローワークの果たす役割は、とても大きいということができます。

Page Top